ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都

ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都
ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都
ペインクリニック
巻き爪テーピング療法
外傷・脱臼・骨折
整形外科的疾患
消化器疾患
生活習慣病
ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都
自費診療
皮膚・小外科
乳腺疾患
肝疾患
泌尿器科
内科診療
ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都
患者さんの声
よくある質問
クリニックコラム
健康体操教室のご案内
リンク集
道場(武道医学)
ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都
院長挨拶
設備紹介
診療時間・アクセス
スタッフ募集
プライバシーポリシー
ペインクリニック、巻き爪治療等のお問い合わせ
ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都
患者さんのページ
ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都

様々な症例をご紹介いたします。
自分で健康管理をしていくためにも、是非参考にされてください。

病名
痛風

 高尿酸血症が基礎にあり,血漿中で過飽和となった尿酸塩が結晶となって組織に沈着し,臨床症状を呈する疾患である。関節内に尿酸結晶が遊離すると,急性関節炎(痛風発作)を起こす。

【後発年齢】圧倒的に青壮年の男性に多い。最近は初発年齢が若年化する傾向にあり,30歳代が最も多い。

【好発部位】母趾関節が好発部位で初発部位の70%を占める。膝,足関節,手関節,アキレス腱付着部などにもみられる。
最初の発作はほとんど単関節炎である。発作は深夜から早朝にかけて起こることが多い。半数は患部がむずむずするなどの予兆に引き続いて典型的な痛風発作となる。罹患関節は疼痛,腫脹,熱感,発赤を伴い,激痛は1日以内にピークとなる。全身の発熱を伴うことも多い。その後は無治療でも10日前後で関節炎は鎮静化し,次の発作までは無症状となる。しかし,放置すると発作を繰り返し,慢性関節炎に移行する。また,痛風結節を生じたり,腎障害などの合併症をもたらすこともある。

COPYRIGHT(C)2006 ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都 南烏山クリニック ALL RIGHTS RESERVED.