ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都

ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都
ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都
ペインクリニック
巻き爪テーピング療法
外傷・脱臼・骨折
整形外科的疾患
消化器疾患
生活習慣病
ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都
自費診療
皮膚・小外科
乳腺疾患
肝疾患
泌尿器科
内科診療
ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都
患者さんの声
よくある質問
クリニックコラム
健康体操教室のご案内
リンク集
道場(武道医学)
ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都
院長挨拶
設備紹介
診療時間・アクセス
スタッフ募集
プライバシーポリシー
ペインクリニック、巻き爪治療等のお問い合わせ
ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都
患者さんのページ
ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都

様々な症例をご紹介いたします。
自分で健康管理をしていくためにも、是非参考にされてください。

病名
慢性関節炎

関節の運動痛・腫脹・可動制限を来す病気です
関節を構成体する軟骨,関節包,滑膜,靭帯などの障害による慢性の炎症です。
原因としては加齢に伴うもの,
感染によるもの,
靭帯・軟骨の外傷の後遺障害による軟骨の変性に起因するものが多い。
これらは発熱や発赤腫脹などの急性関節炎の症状を以前に起こしたことのある場合に多くみられます。
ほかにリウマチや痛風などの代謝異常による関節炎もある。
病理学的には滑膜への細胞浸潤,浮腫や結合組織の増殖などがみられる。

【慢性関節炎で多いものは・・・慢性関節リウマチです】
関節リウマチは、手や足の指の関節だけでなく、体中の関節に炎症が起きます。
関節リウマチは、30−40歳代の女性に多いが、高齢者や男性でも発症することがあり、だれにでも起きる可能性がある。
初期症状で多いのは、手や足の指などの小さな関節のはれですが、中にはひざなどの大きな関節に初期症状が出る人もいます。
自覚症状は、手の場合、こわばりと痛みだ。朝起きたときにこわばりを感じ、これが1時間以上続くようになる。足の指の場合は、初めは靴が窮屈になったと感じる程度で、痛みはあまりない。これに対し、ひざの場合は、動きにくいような違和感があり、階段の上り下りで気付くこともあります。
 こうした症状は、一時的に和らぐことはあってもずっと続き、最初は一方の手や足だけにあった症状が両方になり、手首や足首などの関節にも起きてくる。
関節リウマチは、まだ原因が分かっていない病気なので、治すことはできませんが、ある程度進行を食い止めることはできます。
そのためには、発症から1年以内に治療を始める必要があります。
 この病気の診断は、症状が起きて数カ月ほどは難しい。
それは、関節に炎症が起きる病気はほかにもあり、血液検査やレントゲン写真では特定できないためで、しばらくは痛みを抑える薬をのみながら経過を見ます。
 「朝の手指のこわばりなどの症状が6週間以上続いたり、次第に痛むところが増えてきたりするような場合は、関節リウマチの疑いがあるので、検査を受けられる病院を受診してください。
放置しておくと、肩の関節や股(こ)関節などの大きな関節にも炎症が生じることになり、関節の炎症だけにとどまらず、骨も侵され、日常生活が制限されることもある。思い当たる症状があったら、湿布などで痛みをごまかすようなことはせずに受診することです。

COPYRIGHT(C)2006 ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都 南烏山クリニック ALL RIGHTS RESERVED.