ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都

ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都
ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都
ペインクリニック
巻き爪テーピング療法
外傷・脱臼・骨折
整形外科的疾患
消化器疾患
生活習慣病
ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都
自費診療
皮膚・小外科
乳腺疾患
肝疾患
泌尿器科
内科診療
ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都
患者さんの声
よくある質問
クリニックコラム
健康体操教室のご案内
リンク集
道場(武道医学)
ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都
院長挨拶
設備紹介
診療時間・アクセス
スタッフ募集
プライバシーポリシー
ペインクリニック、巻き爪治療等のお問い合わせ
ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都
患者さんのページ
ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都

様々な症例をご紹介いたします。
自分で健康管理をしていくためにも、是非参考にされてください。

病名
へバーデン結節(指まがり症)

ヘバーデン結節(指まがり症 )

手の指の第一関節(遠位指節間関節、 DIP 関節)の変形性関節症による二次的な変化と考えられているもので急性期は DIP 関節背側に疼痛,発赤,腫脹などの炎症所見を伴う.慢性期は硬い小結節と屈曲拘縮がみられる.また,つまみや握り動作時に痛みがある. 40 歳以降の女性に多い疾患です。
加齢と指先の過度の使用などが発生要因と考えられている.
保存療法
 痛みがある場合は,指先の過度の使用を制限し,湿布や塗り薬,非ステロイド性消炎鎮痛薬を処方する.手作業労働者には DIP 関節を絆創膏で固定するのもよい.
関節固定術などの手術療法もありますが、あまり一般的ではありません。

テーピング療法について
 合併症・副作用がなく、有効な保存療法が少ない、罹病期間および変形性変化の程度に関係なく効果が期待できるなどの利点がある。

*テーピング療法はたんなる絆創膏固定ではありません。自分で行うものですが、方法と注意点の指導を受けて適切に行うことで効果を上げることが出来ます

COPYRIGHT(C)2006 ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都 南烏山クリニック ALL RIGHTS RESERVED.