ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都

ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都
ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都
ペインクリニック
巻き爪テーピング療法
外傷・脱臼・骨折
整形外科的疾患
消化器疾患
生活習慣病
ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都
自費診療
皮膚・小外科
乳腺疾患
肝疾患
泌尿器科
内科診療
ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都
患者さんの声
よくある質問
クリニックコラム
健康体操教室のご案内
リンク集
道場(武道医学)
ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都
院長挨拶
設備紹介
診療時間・アクセス
スタッフ募集
プライバシーポリシー
ペインクリニック、巻き爪治療等のお問い合わせ
ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都
患者さんのページ
ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都

様々な症例をご紹介いたします。
自分で健康管理をしていくためにも、是非参考にされてください。

タイトル
成長期のスポーツ障害と外傷

青少年、特に少年期におけるスポーツの必要性、重要性は今更あらためて言うことはないと思うが、今、周囲を見回してみると、少年期のスポーツに対する大人、その当事者である少年達のスポーツに対する考え方、取り組み方に首をかしげたくなることが少なくないように思われる。

 適度のスポーツは筋力、柔軟性、持久力をつけ健康な生活をおくるのに役立つが、間違った方法や必要以上に過度な訓練によって障害を起こしたり、また外傷を受けて病院を受診することが多くなってきている。また、競技スポーツで目標を勝つ事のみにとらわれ、スポーツ本来の目的からはずれ、精神的にも害を受けているような事も見受けられる。

 中高校生は発育期にあり、発育期の子供たちの骨には骨端部に成長軟骨(骨端線)があり骨はここで長軸方向に成長する。骨端線は大人の骨とは異なり、スポーツや外力により傷害を受け易い。これと同じように筋肉・靭帯・腱などの軟部組織も発育部位に弱いところがある。これらの組織は形態的に発達すると共に、筋の強調運動や反応性など神経系も含め機能的に発育する。この時期は体の部位や組織によって異なり、個人差も大きい事が発育期の特徴である。

○ スポーツ外傷
スポーツで転倒、衝突、転落などで強い外力が加わると、主に四肢骨に骨折が起こる事が多く、発育期の場合は、骨端線損傷になる事があり、骨端線損傷は損傷が強かったり正確な整復がなされないと後に発育障害が残り、変形を来す事がある。

○ スポーツ障害
スポーツの練習では繰り返し同じ動作を続けるので体の一部または体の片側のみ強い負荷が加わる。発育期の骨(特に骨端線)、軟部組織は適度な繰り返しの物理的な刺激には弱いので、種々の障害を受け易い。野球では野球肘(離断性軟骨炎)、バレーボール野球で腰椎分離症、陸上などでの下腿骨の過労性骨膜炎、バスケットボール・バレーボールによるオスグット氏病等がある。発育期に毎日長時間の練習を行うと傷害が起こり易く、この傾向は年齢が低いほど顕著である。
 
次にスポーツにより起こる身近な外傷・・突き指、捻挫、打撲(挫傷)、挫創(切創等)、擦過創の応急手当について・・
突き指、捻挫、打撲などですぐやるべき事は「冷やす事」「軽く圧迫して固定する事」「患部を心臓の位置より高い位置に置き、安静を保つ事」であり、マッサージをしたり引っ張ったり強く暖めたり無理に動かす事は厳禁である。最初の状態からでは考えられない障害が後まで残る事があり最悪の場合は機能障害・変形を残す事もある。

最後に成長期のスポーツに対しての指導者、親、もちろん本人も勝利を意識し、最大の目標を勝利に置く事により過度な練習を強いる事なく、人間の基本的な動作を修練し生涯を通しスポーツに親しみ健康な生活を送る事を目標にしてほしい。


COPYRIGHT(C)2006 ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都 南烏山クリニック ALL RIGHTS RESERVED.