ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都

ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都
ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都
ペインクリニック
巻き爪テーピング療法
外傷・脱臼・骨折
整形外科的疾患
消化器疾患
生活習慣病
ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都
自費診療
皮膚・小外科
乳腺疾患
肝疾患
泌尿器科
内科診療
ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都
患者さんの声
よくある質問
クリニックコラム
健康体操教室のご案内
リンク集
道場(武道医学)
ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都
院長挨拶
設備紹介
診療時間・アクセス
スタッフ募集
プライバシーポリシー
ペインクリニック、巻き爪治療等のお問い合わせ
ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都
患者さんのページ
ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都

 医学の進歩,診断技術(最新診断機器の進歩・普及)や治療内容の変化で,医療の細分化や知識・治療の専門化が進められてきました。特に大学および大病院で学ぶ研修医や専修医は,自分の専門分野の知識はある程度備えていても,むしろ日常よく遭遇する小外科的疾患に関しては比較的なじみが薄いということが少なくありません。これら小外科的疾患患者は大学病院・大病院でなく,中小病院や開業医を受診することが多いことや,また外来で診察や処置が行われるため,外来診察の機会の少ない研修医は経験がどうしても少なくなります。

 これら小外科的疾患はその病態を理解しておくのは言うまでもなく,外科のみならず皮膚科,整形外科あるいは形成外科の知識や技術までもが要求されます。例えば首にできた小さな良性腫瘍(粉瘤や脂肪腫など)は摘出の際,頸部の解剖をしっかり理解していなければ重要な神経を損傷しかねません。また取り残しがあれば再発のおそれも出てきます。美容上,傷跡が目立たないよう,形成外科的な技術も必要です。このように広い範囲での知識や技術が要求されます。

 鼠径ヘルニアや痔瘻などは外科的疾患ですが,日常比較的よく見られる疾患です。これらの疾患は初期段階で適切な診断や処置がなされなければ,ヘルニア嵌頓や複雑痔瘻などといった合併症や後遺症を残しかねません。診察した時点で,適切な処置を行うか専門医へ紹介するか速やかに判断することが重要です。

 小外科的疾患はどの科にも属さず,逆に言えば外科系のどの科でも処置ができ,局所麻酔下に日帰りで行えるものが多い.またほとんどが良性疾患のため,日常比較的よく遭遇する疾患でもあります.それゆえ,軽視されがちですが,一方でこれらの疾患別に病態をしっかり把握しておく必要があり,幅広い知識と技術が要求されるのも特徴であると言えます。

 これらの日常でよく遭遇する良性疾患は今後増えることはあっても減少することはないと思われます.今後ますますの医療の細分化や専門化が進むなか,これら一般的な小外科的疾患においては専門領域に偏らずに幅広い知識と技術が要求されます。

 皮膚疾患の治療には大きく分けて,(1)内科的処置が中心となるもの,(2)皮膚科独特の内・外用療法が中心となるもの,(3)皮膚外科的治療が中心となるもの,などがあり,小外科と同様その守備範囲がきわめて広いことが特徴で,一人の医師がそのすべての領域に通暁するためには大変な努力を要することです。

多数の皮膚疾患について病態を把握し診断し,治療するまで行うことは皮膚科専門医にとっても大変なことであり診療所・医院での皮膚疾患の診断でも一般的診断法がなされる一方、視診が最重要・不可欠です。
皮膚科医以外の医師のプライマリ・ケアのための鑑別診断,治療法の最近の進歩,遺伝,心身症など多面的な皮膚科および関連する知識が必要とされます。
小外科・皮膚科として、当クリニックで行ってきた疾患名を羅列してみます。

【外傷】
・挫滅創(挫創に打撲・圧迫などが加わり、時に骨折・脱臼などが併発していて小範囲ではあるが比較的重傷なもの)
・挫創 切創・刺創などの解放創
・挫傷 打撲など皮下出血・腫れを伴う閉鎖傷
・爪下血腫

【化膿性疾患】
・肛門周囲膿瘍
・化膿性リンパ節炎  
・蜂窩織炎
・爪周囲炎

【体表面の腫瘤・胼胝・疣】
うおのめ、靴を履かない人はほとんどいない現代社会で「うおのめ」で苦しみ悩む人は多く、自分でスピール膏を貼ったり、削っている人がいるが、ほかに似た皮膚疾患もあり、治療を病院で行うときにこじらせた状態になっていて治療がやりにくい場合が多いので、やめた方が良いです。


COPYRIGHT(C)2006 ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都 南烏山クリニック ALL RIGHTS RESERVED.