ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都

ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都
ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都
ペインクリニック
巻き爪テーピング療法
外傷・脱臼・骨折
整形外科的疾患
消化器疾患
生活習慣病
ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都
自費診療
皮膚・小外科
乳腺疾患
肝疾患
泌尿器科
内科診療
ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都
患者さんの声
よくある質問
クリニックコラム
健康体操教室のご案内
リンク集
道場(武道医学)
ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都
院長挨拶
設備紹介
診療時間・アクセス
スタッフ募集
プライバシーポリシー
ペインクリニック、巻き爪治療等のお問い合わせ
ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都
患者さんのページ
ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都


どうして午後からの診療なのですか?
開院時より午前の診療は行っていません。開院時(約25年前)、午前は何処の診療所でも病院でも普通に診てもらえますが、午後、特に夕刻以降の時間は診てもらえる所は救急病院以外あまりありませんでした。時間的医療過疎の状態だったのです。
今は午後の診療を標榜している所が多くなりましたが、手術や検査のため午後の診療を
していない病院が多いようです。その時間的過疎状態を少しでも埋めようと、午後中心の診療を行っています。

午後五時以降でも時間外料金は取られないのですか?
標榜時間内での診療の時間外料金は頂いておりません。

休日前の夜、急性の患者さんはどうして診られないのですか?
急性の患者さんは厳重な経過観察を必要とする事が多く翌日休日の場合、経過観察(様子を見ること)が困難となり、重大な変化の見落としを避けるためです。

どうして子供は(原則的に)診ないのですか
子供特に幼小児では、外傷の場合でも、内科的な病気でも病状の変化の度合いが大人に比べて急で、大人以上に経過観察が重要になります。深夜から早朝にかけての時間がその経過観察を要する時間なのです。そこで、小児科専門の病院の受診をお勧めしております。

どうして救急の患者さんで顔面・頭部に関わる外傷は見られないのですか
子供の場合と同じで、頭部外傷(傷の有る無しにかかわらず)は経過観察が特に必要なものです。甘く見ず、専門病院をお勧めしています。   

クリニックコラムでは何を取り上げているのですか?
院長のメモ・院長の独り言などクリックしてご覧下さい   

COPYRIGHT(C)2006 ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都 南烏山クリニック ALL RIGHTS RESERVED.