ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都

ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都
ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都
ペインクリニック
巻き爪テーピング療法
外傷・脱臼・骨折
整形外科的疾患
消化器疾患
生活習慣病
ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都
自費診療
皮膚・小外科
乳腺疾患
肝疾患
泌尿器科
内科診療
ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都
患者さんの声
よくある質問
クリニックコラム
健康体操教室のご案内
リンク集
道場(武道医学)
ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都
院長挨拶
設備紹介
診療時間・アクセス
スタッフ募集
プライバシーポリシー
ペインクリニック、巻き爪治療等のお問い合わせ
ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都
患者さんのページ
ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都

数日、1〜2週間前より慢性的な症状(特に痛みを伴う)を訴えて来院し診療を申し込む患者さんで、当日のみで翌日より来院できず、その後の治療も不可能な方の初診を申し込む患者さん。

当院としてはそのような患者さんの診療は固くお断りいたします。

ご本人は苦しくて治療を求めていらっしゃるのでしょうが、ご自分の都合だけで自分の身体を医師に委ねる重要さを考え、覚悟して来院しているのでしょうか?(不十分な状況での診断・加療をした場合、治療の経過・結果を確かめることの出来ない状態での治療は出来かねます。)


常識的な医療を考えれば当たり前なことと思えます。

・以上のことで異論・反論がありましたら院長までお申し出ください。
院長





看護師を困らせる患者 ワースト10

1位 何をしてもらっても当たり前だと思っている患者さん。

2位 自分だけが一番重症、と思い込んでいる患者さん。

3位 自分で病気を治そうとする意志のない、また努力をしない患者さん。

4位 素人判断して、指示に従わない患者さん。
   医師や看護師の言うことより、医学書やインターネットなどの医療記事の方を
   信用したがる患者さん。

5位 母親の理解が足らない、そして過保護な子供の患者さん。

6位 病院慣れしている患者さん、また電話・メール送信だけで診療を申し込む
   患者さん。

7位 社会的地位をそのまま病院でも押し通そうとする患者さん。

8位 病気でないのに、よく病院にやってくる人。

9位 何かというと「訴えるぞ」などと脅迫する患者さん。

10位 がまん強いため辛抱しすぎて、訴えが少ない患者さん。
    おとなしすぎて、やはり訴えが少ない患者さん。

**本院では小児(中学生以下)の患者さんの診療は行っておりません。
 理由は
●診察・治療室には成長期には有害な電波を発する機器があること。
●小児用の機器・薬品の準備がありません。
●小児用の緊急準備および小児専門スタッフがいません。
申し訳ありませんが小児専門または小児の診療が可能な施設をお探しください。







COPYRIGHT(C)2006 ペインクリニック 巻き爪 治療 東京 都 南烏山クリニック ALL RIGHTS RESERVED.